Chiees Style ◆親バカ日記◆

thechiees.exblog.jp

親ばか日記   スキー インラインスケート 農業 <3世帯7人家族 -家族の紹介> ますお さざえ かつお まぐろ わかめ 祖父 祖祖母

ブログトップ

何だこりゃ!

横から
e0189070_1957326.jpg


真上から
e0189070_19585814.jpg


初めて見たんです。
なんじゃこりゃ!

その全貌をどうぞ
e0189070_2063477.jpg
e0189070_2064249.jpg


バラバラにしてみると
e0189070_207519.jpg


ゆでて
e0189070_2082856.jpg


食べた。
ブロッコリーみたいだった。

調べてみた  

ロマネスコ(Romanesco)はアブラナ科アブラナ属の一年生植物。カリフラワーの一種で、特徴的な形態の野菜である。 未成熟の花蕾と花梗を食用にする。アブラナ科の野菜の中では比較的穏やかで微かに甘い芳香を持つ。

名前はイタリアのローマ方言を意味するromanescoに由来し、花蕾群の配列がフラクタル形状を示す特徴を持つ。
16世紀にローマ近郊で開発されたとされているが、異論もある(ちなみに、本家のはずのイタリア語Wikipediaには項目自体がない)。ドイツでも同時期から栽培の記録がある。

色は黄緑色(クリーム色から緑色の中間色)で、姿はブロッコリーに近く背が高めで葉は展開する。一方、頂花蕾のみで側枝は発達せずカリフラワーの性質を示す。ただし、味はブロッコリーに近い。

この様に中間的な性質から、野菜市場、種子市場ともにどちらの品種とするか混乱がある。さらに緑色のカリフラワー(broccoflower)との混同が、これに輪を掛けている。

現状では学名(分類上)はカリフラワーだが、呼び名はブロッコリー(Romanesco broccoli)が優勢となっている。
[PR]
by chieesstyle | 2010-01-19 20:10 | グルメ