Chiees Style ◆親バカ日記◆

thechiees.exblog.jp

親ばか日記   スキー インラインスケート 農業 <3世帯7人家族 -家族の紹介> ますお さざえ かつお まぐろ わかめ 祖父 祖祖母

ブログトップ

最近ハマっている。。。ゲゲゲの女房

 NHKで「ゲゲゲの女房」を連載しています。

私はあまりテレビを見ないのですが、これだけは見逃さないように、携帯のアラームをかけて見逃さないようにしています。

ゲゲげの鬼太郎は子供のころになじみのあるアニメです。

そのアニメの作者に関するドラマに何となく興味を持ち見ています。

ストーリーの中から推測すると、主人公ののゲゲゲの女房は私の父と同じ年齢のようです。

自分の両親はこんな感じの時代にいきていたんだな~と思って見ています。

また、主人の祖母(健在 大正9年生まれ)の中にある、女性の洋服のコーディネイトがそのままゲゲゲ女房のいでたちなのには、これまでの祖母の言動に裏付けがとれました。




 昔こんなことがありました。

わたしが嫁いで、早速会社に行こうとしたその朝、主人の祖母から駄目だしがありました。

私は白地に水玉ののワンピースにジャケットを羽織っていました。

「そんな恰好で表に出たらいかん」と言われたのですが、何がいけないのかわかりませんでした。

白地がいけないのか水玉がいけないのか…

ごちゃごちゃと逆らっている時間はないのでパンツスーツに着替えて出社しました。



ゲゲゲの女房のは、襟つきのブラウスに、ひざ下丈のスカート、ブラウスの上にはカーディガンをはおり、靴下はくるぶしが隠れるくらい
という、いでたちをしています。

おそらく、そんなイメージのコーディネートで出社してほしかったんだろうと思います。 


 日本は、高度経済成長にによって3代前の人と価値観が随分違います。

人前であぐらをかいたら叱られました。
主人と並んで歩いて叱られました。
大きな声を出したら叱られました。
普段スカートをはかないので指摘されました。


ゲゲゲの女房を見ていると、これらの事はドラマの時代にはよろしくないこととされている事が良くわかります。


幸い、私は早寝早起き、食事の支度は好きな方だったので、その分野に関しては注意されることはありませんでした。
逆に、祖母は料理が超苦手のようで、「おいしい」と言ってくれました。

そんなことも思い返しながら楽しく見ています。
[PR]
by chieesstyle | 2010-04-27 08:42 | その他