Chiees Style ◆親バカ日記◆

thechiees.exblog.jp

親ばか日記   スキー インラインスケート 農業 <3世帯7人家族 -家族の紹介> ますお さざえ かつお まぐろ わかめ 祖父 祖祖母

ブログトップ

PIS LAB SKI inウイングヒルズ リポート1

6/25(土)AM6:00くらい。

夜は土砂降りでした。e0189070_16285983.jpg
冬季のスキーならばお天気が心配なところですが、このピスラボススキーは雨のほうが調子がいい。
人工芝と水がなじむと滑走性が増すからね。

e0189070_16265858.jpg
こういう人工芝の上を滑ります。
ゲレンデに敷き詰めてあります。e0189070_16302422.jpg
スキーの感覚を忘れないためにも、このスキーは非常に有効だと思う。

夏に、ニュージーランドやオーストラリアにスキーに行ける人も、行けない人も1年中スキーが楽しめる。

ヘルメットは冬のをそのまま使っている人もいたし、インラインスケートや自転車のヘルメット(同じだけどね。)の人もいた。
今回は、雨が降ったりやんだりで、適当に涼しかったから冬のヘルメットでも構わないと思うけど、夏真っ盛りの日には、冬のヘルメットでは蒸れてしまうような気がします。

ちなみに、工事現場などでかぶっているヘルメットの人はいませんでした。

 ゴーグルですが、サングラスをしたほうがいいと思います。
冬季のヘルメットの人はそのままゴーグルを使っていました。

スプリンクラーで散水してるので、水しぶきを浴びます。
この水が、暑いときに涼しさを運んでくれてとても気持ちがいい…

レンズに水滴がつくので撥水加工をおすすめします。

 プロテクターは必須です。最低でも肘膝はあったほうが良いと思います。
インライン用のプロテクターで代用できます。

バイク用のプロテクターを使っている人もいました。

腕に自信のある人は、ノープロテクター、ノーヘル、半ぞで、半ズボンといういでたちでしたが、万が一転倒や接触した場合を考えると、防護は必要かと思います。

上下ジャージ、雨合羽(レインウエア)、ウインドブレーカーの人がほとんどでした。

どうしても散水でぬれるので、濡れたくない人は、薄くて軽い撥水性のウインドブレーカーのようなレインウエアーをおすすめします。

これなんかいいなあ~。と思います。

Columbia コロンビアスピベイマウンテンジャケット

軽量性を追求したモデル。撥水性と防汚性を発揮する「オムニシールド」により、高いプロテクションを実現します。アンダーアームには、快適なウェア内環境をキープするベンチレーションとリフレクターを装備。左肩口にミュージックプレイヤーや行動食の収納に便利なポケットを配備。トレイルランニングに適した無駄のないシルエットです。

ただ、これ上着しかないから、こんな感じの上下あったらいいな。

そうそう、手ぶくろは軍手でいいと思うよ。
または、春スキー用の薄手のグローブ。
でもべたべたになるから、その辺考慮に入れて。

ブーツ、ストックは冬用で大丈夫。
スキー板・・

冬用はおすすめしません。
古いスキーがあればそれでも対応できます。
でも、摩擦で人工芝が解けてソールにくっついてきてしまうので、メタルスクレーパーで定期的に取り除く必要があります。メタルスクレーパーでとれない場合はワイヤーブラシでとっている人もいました。

ピスラボ用のスキー板もあります。
滑走面がすべてメタルのものと、中央部は滑走材で両脇はメタルのもの。
どちらがいいのか、わかりません。

驚いたことに、このピスラボにもエッジが必要ですし、ワックスも必要です。
[PR]
by chieesstyle | 2011-06-27 17:06 | スキー