Chiees Style ◆親バカ日記◆

thechiees.exblog.jp

親ばか日記   スキー インラインスケート 農業 <3世帯7人家族 -家族の紹介> ますお さざえ かつお まぐろ わかめ 祖父 祖祖母

ブログトップ

4時間半病院にいた。

 昨日は、まぐろの骨折の定期診察。

午後4時半から受け付け開始。

5時半から診察開始。

診察室に呼ばれたのは6時過ぎだった。

 今回、骨折のほかに診察してほしい部位があった。

両足首。

人間の関節とはすばらしい。

屈伸だけでなく、回旋ができるという優れた機能を持っている。

足元が不安定でも、体を水平面に対して垂直に保つ機能がある。

当たり前のことだけど、これはとてもすごいことだ。

今回、まぐろが痛いと訴えたのは、まさにその機能にはなくてはならない「距骨」。
e0189070_1515211.jpg


これが痛いので、脚を招くことができず、先日の走りにぎこちなさが見られたのだった。

明らかに、いつもよりもストライドが短かった。

さらに、この周りを取り巻く筋肉疲労から足の裏のアーチを保つことができず、足幅が広がってしまうという現象も起きていた。

要するに扁平足になってしまうということ。

以前から、左足にその傾向はあった。

そして、今回新たにわかったこと。

左足のひざから下のすねの骨「脛骨」がやや外に湾曲しているため、そのバランスを「距骨」でとっているのではないか、と言うことだった。
e0189070_15154879.gif


まぐろが走るとき左足だけ外から巻くように走る。

これが原因なんだろうな。と、素人考えだけれどそう思った。

まあ、ウサイン・ボルトも背骨が湾曲してるし、まあ、なんとかなるでしょ。

と、母子で楽観的。

ここまで追い込まなければ、こういった細かい体のアンバランスさも見つからなかったので、良しとしましょう。

先生としては、痛みが治まるまで運動は禁止したい様だったけど、来週は県大会だし、その次の週にも試合はある。

と言うことで、トレーニングシューズにはインソールをこしらえてもらうことになった。

これは、来週出来上がるそうだ。

そして、今週、どのようにしてその痛みとお付き合いしながら練習したらいいかと言うこちらの希望に対し、テーピングの指導もしていただいた。

話だけ聞いてると、一流選手みたいだね。

そんなこんなで4時半から9時まで、病院にいた昨晩でした。
[PR]
by chieesstyle | 2012-07-24 15:22 | その他